ペニスを硬くするには

ペニスを硬くするには

ペニスを硬くするには~食生活・運動の課題をしっかり追求!

ペニスの硬さに不自由はしていないでしょうか。なかなか悩みを周囲に打ち明けることも出来ないのではないでしょうか。

特に中高年の人たちは、ペニスに対していろいろな悩みを抱えています。彼女としている最中で、中折れしてしまう人たちもいるでしょう。彼女に、悲しい思いをさせないためにも、ペニスを硬くする方法について学ぶ必要があります。

まだまだ、あなたのペニスは方法によってはどうにかなる問題です。日常生活で気楽に向きあうことができる食事、トレーニングなど手っ取り早い方法について考えてみましょう。

ペニスの硬さの問題

ペニスの硬さは、男性にとって大きなコンプレックスです。周りの人に、最近、オレあれが硬くならないことがあるんだ……とは打ち明けることができないでしょう。女の子の前で、なかなか硬くならないような事態が一度でもあれば、男性としての自信も消失してしまうでしょう。

今後もそのようなことがあるかもと思えば、なかなか女性に対しても積極的に向きあうことができなくなってしまうでしょう。ペニスのコンプレックスがビジネスシーンなどにもやがて影響してしまうことになります。もしも、日々の食べ物や、トレーニングなど手っ取り早くペニスの硬さを改善出来るものがあれば、マスターして、日々の生活に取り入れてみるべきではないでしょうか。

今回お話しすることは、決して難解なことではなく、誰でもすぐにスタートできることばかりです。

ペニスを硬くする栄養とは……

人間は、いろいろなパーツにおいて栄養を求めています。ペニスがどのような栄養素を求めているか一度でも考えることがいままであったでしょうか。

ペニスを使い男性たちは性行為をします。小さいパーツはパーツですが、とても大きな仕事をし、かなりエネルギーが必要な場所です。男性たちは、ペニスを硬くするモチベーションとともに、精力アップさせることを注目して、食事の改善方法と向きあう必要があります。

亜鉛

ペニスの硬さで悩んでいる男性たちに摂取して欲しい成分は、亜鉛です。亜鉛が、精子の量、質にも大きく影響し、亜鉛不足ではパワフルな性交渉もできなくなってしまうでしょう。

亜鉛の不足によって、精巣の精細管が萎縮してしまい、精子が作れない環境になってしまうことが判明しています。そして、亜鉛が不足することによって、したい欲が軽減し、アレが硬くならないなどの状態が起こることになります。

亜鉛という栄養素は、海外では、セックスミネラルと言われているほどです。以前、厚生労働省によって、成人男性は亜鉛は一日に15mg摂取が必要という見解がありました。問題は、一般的男性たちは、平均9.1mgあたりしか亜鉛の摂取をできていない点です。

実際に、過去50年の間に、男性の精子の数も、半分程度に減少していると言われています。このあたりのことは、すべての男性たちが相当注意をしなければならない課題です。

本来、男性たちの精子数は、精液の1ccに、2000万から4000万あたり は維持できていることがノーマルなのですが、1ccあたり2000万以下しかないという男性が二割近くもいるといいます。

この二割の男性たちが、現状、同時にペニスの硬さに悩んでいると考えていいでしょう。現代社会の人たちが、亜鉛の不足が起こってしまう理由は、やはり、バランスの悪い食事の摂取をしていたり、不規則に生活を送っていたり、かつ、いろいろ仕事などでストレスをためていたりするせいです。

亜鉛が含まれている食べ物は、牛肩ロース肉や、ブタのレバー、牡蠣、コンビーフなどです。とにかく、これからは意識してそのようなものを多く摂取すれば、まだまだ男性たちはペニスの硬さを取りもどすことができるでしょう。

さらに、インスタント食品などあまりにも多く摂りすぎてしまうと、インスタント食品に入っている添加物によって、亜鉛を吸収されるのが妨げられてしまうリスクがあると言われています。アルコールの摂取も、アルコール分解をさせる酵素を充分機能させるために亜鉛を多く消費してしまうと言われているので注意が必要です。

アルギニン

ペニスの硬さに悩みを持っている人たちに摂取して欲しい栄養素は、アルギニンです。アルギニンという名前も、最近では結構聞くようになりましたが、なんと精子の80%は、アルギニンから構成されているとも言われています。

そして、アルギニンが、一酸化窒素の分泌を促進し、ペニスの勃起を促してくれると言われています。アルギニンが不足状態では、性的問題だけでなく、疲労や、老化の原因にもなってしまうでしょう。

アルギニンを摂取することができる食べ物には、牛肉、チョコレート、ナッツ、お米、海老などがあります。なかなか日常生活で頻繁に食べることができないなら、サプリメントも意識してみてはどうでしょうか。アルギニンは、一日に1.5g程度の摂取が必要とされています。

シトルリン

更に、ペニスを硬くしたいと思っている人たちに摂取して欲しい成分は、シトルリンです。シトルリンは、血流の改善効果も期待できるアミノ酸成分です。

シトルリンは、身体の中に吸収されることで、アルギニンに変化します。シトルリンも、アルギニンと同等に、性機能を向上させてくれるでしょう。老化の問題や、 成長ホルモンの分泌にもいい効果をもたらしてくれます。

シトルリンが、多い食べ物は、スイカです。おそらく毎日スイカばかり食べることができないでしょうから、とにかくプラスαサプリメントという発想がいいでしょう。

ビタミンB群

更にペニスを強くするために意識したい成分は、ビタミンB群です。みなさんは、ビタミンB1や、パントテン酸のB5、B6、B12を意識して摂取しているでしょうか。

ペニスのたくましさには、副交感神経が機能していることが条件です。 ストレスなど一杯溜め込んでいると、副交感神経が段々と上手く機能できなくなって来ます。ストレスを軽減させたり、緊張を解消させたり、集中力をアップさせるためにも、ビタミンB群の摂取が必要です。

ビタミンB1は豚肉、うなぎ、ナッツなどに含まれています。ビタミンB5は、レバー、鶏もも肉、納豆など、

ビタミンB6は、カツオや、マグロ、サンマ、バナナなどに含まれています。

ビタミンB12は、牛や鶏のレバー、さらにさんまなどです。

ペニスの硬さを運動で改善させる

いまのままでは、ペニスはどんどん、減退へと向かっていくでしょう。とにかく、今からでも日常生活において何かをはじめるモチベーションが大事です。このような運動を取り入れることで、ペニスは硬く、改善傾向へと向かってくれることでしょう。

食事にしっかり向きあうものの、運動をしなければ、なかなかペニスは硬くなってくれません。 しっかり運動すれば、心肺機能をアップさせることができ、身体から有害な毒素を排出させることができます。 心肺機能をアップされることができれば、ペニスに対して、血流を多く流し込むことができ、いつも息切れしない性交渉をおこなうことができます。

運動を怠ってしまえば、血中コレステロールと高血糖から血がドロドロになってしまい、ペニスは段々と硬さを維持出来なくなり、糖尿病などの問題も抱えてしまうことになります。

運動には、無酸素運動と有酸素運動がありますが、ペニスを硬くするトレーニングに必要なのは、二つともです。無酸素運動は筋トレのような短時間の激しい運動です。テストステロンはストレスを感じれば、減少傾向に向かうことになります。日常生活で、積極的に短時間の無酸素運動を取り入れることはかなり有効的方法です。

有酸素運動とは、一般的には、ランニングをしたり、水泳などの全身に対して負荷をかけるような運動のことを言います。 ペニスの血の流れを調整するためにも、有酸素運動は、欠かすことができません。さらに、有酸素運動をすることで、テストステロン量の減少を
阻止することができます。

内臓脂肪など抱えている人たちは、更に要注意です。脂肪が、テストステロンを女性ホルモンに変質させてしまうリスクを抱えています。有酸素運動をすることで内臓脂肪を燃焼させる効果も期待できます。

テストステロン量が減ってしまうことで、ジヒドロテストステロンがよけいに作られてしまうことになり、身体に悪影響もたらすことになります。テストステロンが不足の事態に陥るからジヒドロテストステロンが使われてしまうことになり、それが原因で、性欲や精力減退にも繋がってしまうことになります。
当たり前の結果として、ペニスも硬くならいで衰えてしまうことでしょう。

ペニスの硬さを維持させるのは、無酸素運動と、有酸素運動の組み合わせがいいでしょう。無酸素運動後に、間をとらず、有酸素運動をおこない、有酸素運動のあと、間を取らず無酸素運動というのでベストな運動方法です。

PC筋・BC筋をトレーニング

PC筋・Pubo Coccygeus muscle、それは、骨盤の底で内臓を支えている筋肉のことです。排尿や排便など下半身をコントロールする役割を持っています。 

ワンちゃんなどは、この筋肉を利用して、シッポなどをふっています。しかし、人間は、しっぽがないから、なかなか使用する機会がなく、どんどん衰えててしまうリスクがあります。 しかし、男性にとって、PC筋は大事な役割があり、PC筋が、海綿体に送り込まれた血液をそこに留めてくれる蓋のような役割を維持してくれています。

PC筋をしっかりみなさんがトレーニングすることで、ペニスに送られる血の量を俄然アップさせることができます。仕事をしているときずっと立っている場合よりも、パソコンなど向きあって座り仕事をしているビジネスマンのほうが、PC筋が弱くなる傾向があります。 最近は、中高年の人たちだけでなく、若い人たちにも、ペニスが硬くならない人たちがいますが、それもスマホやゲームに座りながら熱中して、同じ姿勢をキープしてしまうからとも考えることができます。

BC筋・Bulbocavernosus Muscleは、正式には、球海綿体筋と言います。 ペニスの根元に位置する筋肉のことです。PC筋より下のペニスの根元あたりに位置します。この力がアップすれば、射精のとき、精液の飛び散る勢いにも変化が出てくることでしょう。

このPC筋とBC筋は、実際に筋肉トレーニングによって回復させることができます。 PC筋とBC筋は近くに寄っているので、同時にトレーニングすることができます。

方法はいたって簡単です。まずは、肛門を5秒ぎゅっと締めて、次に5秒のあいだゆるめているだけです。

こんな筋肉トレーニングなら、バスや電車に乗っているときでもすることができます。 とにかくだまされたと思っても続けることに意味があります。基本、10回1セットで、4セット、合計40回を目安にしておこなうようにしてください。

PC筋・BC筋をしっかりトレーニングするためにも、サプリメントなども有効的に利用するのがいいでしょう。アルギニンとシトルリンが、かなり効果的です。シトルリンとアルギニンを同時に摂取すれば、二大成分が相乗的にいい効果を発揮して、精力を増強し、ペニスを大きくする効果もあります。

ストレスを溜め込まない

現代社会の人たちは、とかくストレスを一杯溜め込んで、なかなか解消できる方法を持つことができないと言われています。そのようなメンズが、ペニスがなかなか強くならない悩みを抱えていたりします。

ペニスを硬くするためには、体力、プラスα集中力も必要なので、それが途切れてしまえば若い人たちでも簡単にペニスが硬くならない症状が出てきてしまうことになります。ストレスを解消させるのは、それぞれの人たちで方法が違って来ますが、運動もかなり有効的な方法であることは間違いありません。そして趣味などを持って、現代人は、意識的にストレス解消させる方法について考えてみましょう。仕事ばかりに熱中していてもなにもいいことはありません。

更に、勃起する力は、タバコによって血の流れが低下して、悪影響をもたらすことになります。世間体にもあまりよくは思われない時代なので、そろそろ喫煙についても考えていい時期ではないでしょうか。

いまからでも復活できる

いかがでしょうか。この記事を読んでいただき、みなさんにも今からすぐに出来ることを学んで欲しいのです。どれも、難しいお話しをしている訳ではありません。

ちょっとでも意識をすれば、瞬く間に、ペニスのパワーは蘇ってくるかもしれません。食事も、なかなか理想を求めるのは難しいかもしれませんので、そのとき大いに役立つものがサプリメントです。